お誕生日おめでとうございます。

こんにちわ! 院長の井ノ上です。
先日新しく仲間として働いてくれている衛生士の山添さんの誕生日でした。
ささやかながら、恒例の誕生日プレゼントです。
みんなで、おいしくいただきました。
スタッフあってのクリニックだといつも実感します。
これからも働きやすい環境づくりを続けていきます。
患者さんからよく、何を食べたら虫歯ができやすいか質問されますが、食べる種類ではなく間食の時間が重要です。
間食はお子様であれば、できれば1回30分以内に留めましょう。
虫歯0を達成するために、是非当院へお越しください。
お待ちしております!無題1

 

 

突然ですが・・あなたの鼻はどちらに曲がっていますか?

鏡を見て確認してみてください。

みぎ、ひだり、まっすぐでゆがみのない方もいらっしゃるかもしれません。

では、普段食事の時に良く噛むのは左右どちらでしょうか?

食事の時にテレビを見る方は、普段おかけになっている椅子から左右どちらの方向にテレビがあるでしょうか?

 

鼻のゆがみは左右の筋力のバランスが崩れるので利き噛みのある方向に曲がるようになっています。

ある程度年齢が上がってくると、鼻の曲がっている向きに顎も歪んできます。

これは、利き噛み側で噛み続けた結果、そちらの噛み合わせが低くなってしまうことが原因です。

『恐ろしい!ではこれから一生逆サイドでしか噛みません!』というのはやめてくださいね!!!

片方ばかりで噛むとそちらの噛み合わせが低くなってしまうので鼻のゆがみと顎のゆがみがちぐはぐで逆にゆがみが目立ってしまうかもしれません。

テレビの位置に関しては、テレビの方向を向いて・意識して食事をすると自然とそちら側でよく噛むようになっているからです。

左を向いていれば左が噛みやすく、右を向いていれば右が噛みやすくなるのです。

それが毎日おこれば習慣となって利き噛みとなります。

以前保険医協会でお話させていただいたときに、小児科の先生が側弯(背骨が横に歪んしまうこと)になるからテレビの位置注意とは患者さんにお伝えしていたけどこれは知らなかった!早速うちでも皆さんにお話しさせていただきますとおっしゃられていました。

食事中のテレビは禁止していただくか、毎日でなくても毎週席替えして側弯・鼻や顎のお顔の歪みがおこらないようにしてくださいね。

すでに左右に曲がってしまっている大人の方は、これ以上悪くならないように左右バランスよく噛むよう意識していただくことをおすすめいたします。